浄水器の種類と比較するときのポイントとは

日本は衛生環境水準も高い国として知られています。


日本の水道水は厳しい安全基準をクリアしてはいますが、水道水の殺菌消毒には塩素を使用しており、残留塩素として残ってしまいます。毎日口に入れる飲用水は、水道水を使うよりも更にきれいな水にできる浄水器を使用している人も少なくありません。
赤ちゃんや大切な家族にはより安全に安心な水を使いたい人はたくさんいるのです。

浄水器にもいろいろな種類があり、その特徴もさまざまです。

浄水器についての情報をまとめたサイトです。

実際に使用するときにはそれぞれの種類の特徴を理解した上でポイントを押さえて比較することが大切です。

蛇口直結型は水道水の蛇口に取り付けるタイプです。


一番広くい使用されているタイプで手軽で安価な価格が特徴です。蛇口に直接取り付けるため場所も取りませんが、フィルタの交換時期が早いことや据え置き型よりは浄水機能も弱くなります。

Girls Channelの情報を掲載しています。

据え置きタイプはシンクの上に浄水器を設置してその中で水を濾過します。
このタイプは浄水機能が高い特徴があり、本体が大きいためフィルタも長持ちします。

その点設置するときに場所を取ることや価格が比較的高くなる傾向があります。
流しの下にフィルタを置くアンダーシンク型は場所も取らずに高性能なものも多い利点があります。

取り付けの際には工事が必要な場合もあり、費用面の検討が必要です。
そのほかにはポット型のタイプもあります。

ポットにカートリッジを装着して水を注ぐだけのため非常にお手軽です。値段も安価ですが、カートリッジ交換の時期は短く、ポットのために一度に大量に浄化できない点や早めに使い切る必要もあります。

種類を比較してみると、購入費やランニングコスト、浄水機能の高さ、スペースの有無などそれぞれのメリット、デメリットがあります。



選ぶ時のポイントとしては、自分が何を優先してどのような性質の浄水器を求めているかをきちんと整理した上で、自宅の環境に合う者を選ぶことが重要なのです。